男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスの記事ブログ

かっこよくなりたい男子必見!勘違い男には気をつけよう

2019.12.27

ダイエット

いつの時代も「かっこよくなりたい!」と願う男性は多いはず。最近はかっこよさについて研究するYou Tubeチャンネルも増えています。同世代のYouTuberの動画を見て、憧れや劣等感を抱いた方も多いのではないでしょうか。

本記事ではかっこよくなる方法、かっこよさとは何であるかなどを説明します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事は約4分15秒で読み終わります。

 

かっこいいの定義

 

まずは「かっこいい」とは、どのような男性であるかの定義を確認していきましょう。 一口にかっこいいと言っても、その基準は人によってさまざまです。

 

例えば、顔やスタイルといった容姿を指してかっこいいと言う人もいれば、生き方や性格といった内面を指してかっこいいと言う人もいます。

 

人によってかっこよさの定義は曖昧なのです。 そのため、自分が男性としてどのようにかっこよくなりたいかを意識する必要があります。

 

あなたが目指したいのはどのようなかっこいい男性でしょうか。 無駄な努力をしてしまわないように、まずは自分が目指すかっこよさを確認してみましょう。

 
 

かっこよくなりたいと思った心理は?

 

かっこよくなりたいと思った心理も人それぞれ異なります。 女性にモテるためにかっこよくなりたいと考える人がいれば、自分に自信を持つためにかっこよくなりたいと考える人もいるでしょう。

 

かっこよくなりたいと思う動機は人それぞれであり、正解はありません。

 

しかし、強い劣等感がかっこよくなりたいと考える動機の場合は要注意です。

 

強い劣等感を持った人の中には、間違ったかっこよさを目指してしまう勘違い男子になってしまう人がいます。 勘違い男子は周囲の人から痛々しく見られて敬遠されがちです。

 

勘違い男子にならないためにもかっこよくなりたいと思った心理を確認しておきましょう。

 

勘違い男子の特徴

 

かっこよさを追い求める方向を間違ってしまうと、勘違い男子になってしまいます。 勘違い男子は当然、かっこよくありません。

 

勘違い男子の特徴を紹介しますので、自分が当てはまっていないかチェックしてみましょう。

 

人としての常識がない

 

人としての常識がない男性は、かっこよさ以前にマナー違反です。

 

二十歳を超えて大人になっても、常識がない人は大人としてのかっこよさに欠けます。 顔だけよくても、社会的常識の無い人は好かれません。

 

例えば、虚勢をはっており周囲に対して横暴な態度を取っていたり、他人への思いやりが一切感じられなかったりする男性が該当します。

 

特に自分に自信がない男性がやってしまいがちです。

 

かっこつけすぎている

 

かっこつけるのも度が過ぎてしまうとマイナス評価です。

 

かっこよく見られたいあまりに言動すべてにかっこつけてしまう男性がいますが、これでは女性から引かれてしまいます。

 

露骨なかっこつけをする男性は、一緒にいて周囲に気を使わせ疲れさせてしまいます。 あなたも一緒に過ごしていて、疲れる相手とはいたくないですよね。

 

自分からアピールしすぎることを避け、さり気なさを意識しましょう。

 
 

かっこよくなる方法

 

では、具体的に容姿と内面からかっこいい男性になるための方法をご紹介します。

 

あなたが目指すかっこよさに当てはまるものを見つけて実践していきましょう。

 

容姿編

 

まずは容姿のかっこよさから見ていきましょう。

 

■清潔さを意識する

 

かっこいい男性になるためには見た目の清潔さは欠かせません。

 

男性であっても手や足、ワキなどのムダ毛の処理をしましょう。 男性の場合、完璧にツルツルな肌を目指す必要はありません。

 

適度な量の毛を残すのが清潔でかっこいい男性です。

 

また、服装にも気を使いましょう。 とはいっても、高価なブランド品を買い揃える必要はありません。

 

あくまで見た目の清潔さを意識すれば大丈夫です。

 

古くなってよれてしまった服や靴を履かないようにし、サイズ感の合った服装を心がけましょう。

 

■香りに気をつかう

 

香りに気を使う人は意外と少ないですが、かっこいい男性になるための重要なポイントの一つです。

 

見た目がいい感じなのに近づいてみると嫌な香りがする男性はがっかりされてしまいます。

 

まずは、汗のにおいから対策しましょう。 汗臭い男性はあまりかっこよくありません。

 

汗の対策の基本は、毎日体を洗い、汗をかいたら素早く拭くことです。

 

また、勘違い男子にありがちな香水のつけすぎはやめましょう。 人によっては香水の香りがきつすぎると不快になったり、体調が悪くなったりしてしまいます。

 

香水をつけるのはからだの一箇所にとどめ、量もかすかに香る程度が適量です。

 

■髪型のバリエーションを増やす

 

髪型は容姿のかっこよさを大きく左右します。 いつも同じ髪型では飽きてしまい、あまりかっこいいとは言えません。

 

雑誌やホームページなどでかっこいい髪型を研究して、髪型のバリエーションを増やすのがおすすめです。

 

さまざまな髪型に挑戦している男性はおしゃれでかっこよく見えますよ。

 

■からだを引き締める

 

筋力トレーニングでからだを鍛え、引き締めてたくましくなりましょう。 男性にはある程度たくましさが求められます。

 

ジムに通うのが苦手な方はスポーツをするのも有効です。 からだを鍛えることでたくましくなるだけでなく、姿勢も良くなります。

 

また、筋トレは精神面にも良い影響をもたらします。 男性ホルモンが分泌されて自信を持つことができたり、生活リズムを整えて精神を安定させてくれたりします。

 

まさに一石二鳥でかっこいい男性に近づけますね。

 

内面編

 

続いて内面のかっこよさも見ていきましょう。

 

■責任感がある

 

かっこいい男性は自分の言動に責任を持っています。 責任を持てない言動で周囲を振り回す男性はかっこよくありません。

 

きちんと自分の意見を主張し、自分の発言に矛盾のない行動を心がけましょう。 特に、自分より年下の人からの評価は責任感によって大きく左右されます。

 

当たり前のように思われるかもしれませんが、実際にできている人は少ないのです。 逆に考えるとできている人が少ないからこそチャンスだとも言えます。

 

容姿に自信が持てない方は、まずは責任感のある言動を心がけるとグッとかっこいい男性に近づけるかもしれません。

 

■仕事ができる

 

社会人になると仕事ができる男性が会社から評価され、女性からかっこよく見られます。

 

仕事ができるとは、会社で優秀な結果を出していたり、リーダーシップを発揮して周囲を導いたりできることです。

そのような男性は、経済的にも自立できますので頼もしく思われます。

 

逆に中途半端な仕事をしている男性は周囲からの評判が下がり、かっこよくありません。

 

社会人としての責任をきっちりと果たし、イキイキと仕事で能力を発揮する男性を目指しましょう。

 

■余裕がある

 

内面がかっこいい男性の共通点は、余裕があり、常に懐の深さを感じさせてくれることです

 

容姿のかっこよさには流行がありますが、余裕のある態度はいつの時代でもかっこいい男性の条件といえるでしょう。

 

どんなことがあってもどっしりと構え、悩みごとがあってもくよくよ悩み続けない人はかっこいいですよね。

 

友人の悩みや相談を親身に聞いてくれる男性は、男女問わず安心感や親近感を抱かれます。

 

逆に常にイライラしており人をせかすような態度は、人としてもマナー違反です。

 

余裕がある態度はすぐには身につきませんが、意識し続けましょう。

 
 

まとめ

 

本記事では、かっこよくなりたい男性が考えて実践すべきことを紹介しました。

 

本文でも触れたようにかっこよさというのは人それぞれ定義が曖昧です。

 

あなたが考えるかっこいい男性像を明確にイメージし、なぜそのような男性を目指したいのかを意識しましょう。

 

容姿、内面ともにかっこいい男性になるための方法も実践してみてくださいね。

 

RELATED POSTS 関連記事