男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスの記事ブログ

モテるオヤジの流儀!オヤジでもモテるにはどうしたらいいのか

2019.10.28

健康管理

いくつになっても女性からモテるオヤジはいるものです。ただし、そのすべてがイケメンというわけではありません。つまり、意識を変えれば誰だってモテるオヤジになれる可能性があるのです。そんな、モテるオヤジの流儀を紹介します。

この記事は約4分7秒で読み終わります。

 

モテるオヤジってどんなオヤジ?その定義とは

 

まずは、どのようなオヤジが女性にモテるのか、定義を確認しましょう。

 

モテるオヤジ~会話編~

 

モテるオヤジは女性との会話が上手です。ずっと会話したいと思わせる魅力があります。会話が上手と聞くと、饒舌で話術に長けているイメージがあるかもしれませんが、モテるオヤジはそんなに口数は多くなく、おしゃべりという印象もありません。むしろ女性のほうが多くしゃべっています。

 

モテるオヤジは聞き上手です。女性の話に途中で余計な口を挟まず、最後まで耳を傾けてくれます。もちろん、単に相槌を打つだけでなく、女性から必要とされれば、自分の考えを述べたり、アドバイスをくれたりします。そこに大人の男性ならではの深みが感じられると、女性はますます魅了されるわけです。

 

モテないオヤジは、どうしても無駄にしゃべり過ぎる傾向があります。話を遮ったり、説教したり、愚痴が多かったりするのは最悪です。焦るあまり、女性のプライベートまで入り込もうとすると、警戒してしまうでしょう。

 

モテるオヤジ~見た目編~

 

冒頭で述べたとおり、モテるオヤジは必ずしもイケメンではありません。薄毛で小太りでもモテるオヤジはいます。モテるオヤジに共通しているのは「清潔感」です。

 

男性は年齢を重ねてくると、肌が衰えてきたり、髪が薄くなってきたり、太りやすくなったり、体毛には白いものが混じったりします。加齢臭も相手に気づかれるほどです。当然、何もしないでいると、特に女性からは清潔感に乏しいとみなされ、敬遠されます。

 

モテるオヤジも同様に老けていますが、それをカバーするために努力しています。こまめにスキンケアをしたり、散髪したり、運動したり、食事に気を遣ったりするなどです。臭い対策で毎日入浴し、汗拭きシートも常備しているのです。下着や靴下も臭いを抑える抗菌仕様を身に着けています。決して香水でごまかしたりしません。

 

どんなに女性との会話が上手でも、口臭があったら台無しです。口臭は単に歯や舌を磨けば防げるわけではありません。虫歯や歯周病があったり、胃の調子が悪かったりしても口臭は発生します。期的に歯医者で診てもらったり、健康診断で悪いところが無いかチェックしたりするのも欠かせません

 

こうした体本来の清潔感をクリアしたら、次は身なりです。モテるオヤジには、「私服がオシャレ」という共通点もあります。別に若作りしたり、ちょい悪を目指す必要はありません。年齢相応の身なりをすることが肝心です。若作りやちょい悪のファッションは、着る人を選ぶ上に、似合わないと実年齢とのギャップを強調します。

 

では、どのような身なりをすればいいのか。ここでもキーワードになるのが「清潔感」です。まずは体が締まって見えるファッションを心がけましょう。オヤジ世代になると、どうしてもスウェットなど楽な服に走りがちですが、こうした締まりのない服は、だらしなく見えてしまいます。

 

シャツは襟付きを選び、ボタンダウンにするなどして、しっかり立てる。ズボンはチノパンあたりにして、過剰な横の広がりを避けて、アウターはテーラードやレザーのジャケットが無難でしょう。

 

高級でなくても構いませんが、ファストファッションのように安っぽく見えるのはNGです。やはり、それなりのお金をかけたほうが見映え良く、長く着られます。もちろん、汚れや加齢臭が染みつかないよう、こまめにクリーニングしましょう。

 

このように、自分の判断ではなく、女性から見て清潔に思えるほど気を遣ってこそ、初めてモテるオヤジになれるのです。

 
 

何をすればモテるオヤジになれるの?

 

若い男性はフレッシュで、キラキラして、エネルギッシュです。オヤジが同じ土俵に立とうとすると負けてしまいます。オヤジならではの魅力を醸し出すためには、何をすればいいのでしょうか。

 

雰囲気から大人の男性を感じさせる

 

オヤジにあって若い男性に無いもの。それは人生経験です。オヤジのほうが長く生きている分、さまざまな経験をしています。

 

こうしたオヤジの生き様は、表情や姿勢、振る舞いなど見た目に反映されるものです。成長して本当の意味で大人になった男性は、充実した表情と堂々とした姿勢、落ち着いた振る舞いをしています。

 

ただし、そこから女性にモテるためには、清潔感がなければいけません。もし、誰にでも誇れる人生を送ってきたのであれば、少し磨くだけでモテるオヤジになれる可能性があります。

 

そこでおすすめしたいのがエステです。エステは女性が利用するものというイメージがあるかもしれませんが、最近は男性専用のエステも増えています。

 

エステを利用するメリットは3つです。1つ目は、手間のかかるスキンケアやボディケアを、プロのエステティシャンが代わりにしてくれます。自己流ではなく専門知識に基づいているので、試行錯誤や無駄がありません。

 

2つ目は、第三者の目から見たアドバイスをしてくれることです。エステでは施術の前後にカウンセリングがあり、エステティシャンからアドバイスを受けられます。自分から質問するのも可能です。

 

そこから、今の自分に足りないものや既に備わっている魅力に気づけるかもしれません。家族や職場の同僚、部下に意見を求めるのは気恥ずかしいため、貴重な機会です。

 

3つ目は、誰かに肌を触られることがリラクゼーションになります。幸せホルモンのオキシトシンが分泌されるからです。普段、スキンシップに乏しいオヤジほど、エステに通ったほうが良いでしょう。

 

モテるオヤジにはやはり中身が必要!

 

雰囲気を醸し出せるようになったら、次は中身です。大人の男性は、女性から深みのある知性と、他者に対する寛容さを期待されています。

 

前者は人生経験に加えて、貪欲な知的好奇心も欠かせませ。実際にモテるオヤジは読書家でもあります。知識が増えれば話の引き出しが増えて、女性を飽きさせないでしょう。

 

後者は幅広い交流や、挫折体験を通して、自己と他者との違いを痛感してきたオヤジほど培われます。そこから相手を慮り、受け入れようとする心構えができるようになるわけです。

 

そのような心構えができていないという自覚があるなら、まずは自分が一番偉いという考えを捨て、女性に限らず他者を尊重することから初めてみましょう。

 
 

モテるオヤジを目指すときに気をつけたいこと

 

オヤジが女性にモテようと必死になると、大切なことを見落としがちです。どのようなところに気をつければいいのでしょうか。

 

モテるオヤジは年齢を重ねることがつらくない

 

老化は、単に見た目が衰えるだけでなく、気力や体力も失われていきます。若い頃なら当たり前にできていたことが難しくなるのもオヤジ世代ならではです。そんな状態で若作りにこだわっても限界があります。

 

女性は年齢を重ねたオヤジならではの魅力を求めているのですから、素直に老いを受け入れることが大事です。若くなくても、勝負できる要素はいくつでもあります。例えば、薄毛も白髪も清潔であればよいのです。

 

人間関係を大切にしている

 

女性にモテることが人生のすべてになってはいけません。友達付き合いがあるなら疎かにせず、家庭も大切にしましょう。プライベートだけでなく、仕事でも部下や上司と良好な関係を築けているのが理想です。自分が困ったときは、周りが手を差し伸べてくれるでしょう。

 

人間関係の豊かさは、オヤジの魅力にもなります。特に奥さんとの関係が良好なら、女性にとって安心して付き合える証になるかもしれません。

 
 

まとめ

モテるオヤジは、会話が上手で見た目も清潔感があります。女性は大人の男性の魅力を求めているので、決して若作りする必要はありません。その上で充実した人生を送り、人間関係を大切するよう心がけましょう。そうすれば、自然とモテるオヤジになれるはずです。

 

RELATED POSTS 関連記事