男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスの記事ブログ

目立って気になる毛穴にはどう対策する?

2020.11.19

健康管理

何度洗顔しても気になり続ける毛穴トラブルには、悩まされている方も多いと思います。

毛穴ケアグッズも豊富にある中で、結局どれを使うのが自分には合っているのかわからないまま、「試しては断念する」を繰り返していないでしょうか。

この記事では、毛穴トラブルのタイプごとにおける特徴や毛穴が目立つ原因と、毛穴を目立たなくさせるための対処法について紹介します。

この記事は約4分12秒で読み終わります。

 

あなたの毛穴の種類はどれ?

 

毛穴が目立つとき、人によってその症状はさまざまです。毛穴の種類によって原因や対処法が異なるため、まずは自分がどの毛穴タイプに当てはまるのかを確認してみましょう。

 

白っぽい毛穴

 

白っぽい毛穴は、Tゾーンなどの皮脂分泌が活発な部位にできやすい傾向にあります。毛穴の中に角層や皮脂などが混ざって、詰まりを起こしている状態です。

 

うっすらと白く見えるものだけでなく「角栓」と呼ばれるものにまでなると、毛穴の開きやニキビの原因になることがあります。

 

無理に押し出すと毛穴がぱっくりと開いたままになってしまうため、避けなければなりません。

 

開いた毛穴にさらに皮脂などが詰まって、毛穴トラブルを引き起こす悪循環に陥る原因になるので注意が必要です。

 

黒ずみ毛穴

 

黒ずみ毛穴は上述の白っぽい毛穴が空気に触れ続けて酸化し、黒く変色している状態のものです。

 

一度できてしまうと除去に時間がかかるため、白っぽい毛穴の段階でしっかりとケアをして黒ずみ毛穴になるのを防ぐ必要があります。

 

黒ずみ毛穴の厄介な点は毛穴の中に詰まっているものが酸化して変色し、毛穴の周囲にまで色素沈着を引き起こすようなケースです。

 

酸化した皮脂に雑菌が繁殖し、毛穴で炎症を起こしたり紫外線ダメージを受けたりしてメラノサイトが過剰に働くことが主な原因になります。

 

たるみ毛穴

 

たるみ毛穴は、老化とともに起こりやすい毛穴の症状です。皮膚と一緒に毛穴も引き延ばされている状態で、よく見ると縦長の楕円形の毛穴になっています。

 

引き延ばされると、小ジワがいくつもできているようにも見えることがあるので、症状が悪化するまで気付かないことが多いのも特徴です。

 

改善するためには毛穴ケアだけでなく肌全体のリフトアップなども重要になるため、普段からケアをていねいに行う必要があります。

 
 

毛穴が目立ってくる原因

 

毛穴が目立ってくる原因はいくつかあり、人によっては複数の原因がもとで毛穴トラブルを引き起こしている場合もあります。

 

この原因を特定して解消しなければ、何度毛穴ケアを行っても症状が改善しない状態になるので注意が必要です。

 

ここからは、毛穴が目立ってくる主な原因について見ていきましょう。

 

皮脂

 

男性は女性よりも皮膚が厚く水分量が少ないうえに皮脂分泌量が多く、女性よりも毛穴が目立ちやすい傾向にあります。

 

これは、内脂腺が発達しているなど皮脂の分泌が盛んなことも影響しており、皮脂が毛穴に詰まって毛穴トラブルが発生する形です。

 

また、女性のようにメイクや日焼け止めで対策をすることなく外出することも多いため、紫外線の影響を直接受けることも原因として考えられます。

 

結果的に酸化による毛穴の黒ずみや、肌のたるみにもつながるため注意しなければなりません。

 

乾燥

 

肌の乾燥はさまざまな肌トラブルの原因になります。毛穴トラブルも同様で、乾燥しているとシワのようにつながって見える毛穴になりやすいのも特徴です。

 

また、乾燥から肌を守ろうとして皮脂分泌が過剰になるため、肌のベタつきが気になる原因のひとつになります。

 

皮脂が気になって1日に2回以上の高頻度で洗顔することや、無理に毛穴の汚れを落とそうとしてゴシゴシ擦るのも乾燥の原因です。

 

乾燥を解消するためには、洗顔方法の見直しや保湿成分が豊富に配合されている基礎化粧品で正しいスキンケアを行うことが重要になります。

 

肌の老化

 

肌の老化も毛穴が目立ちやすくなる原因のひとつです。紫外線を浴びると、肌のハリを維持しているコラーゲン繊維などが破壊され、皮膚のたるみを引き起こすことがあります。

 

また、肌の水分と皮脂のバランスが崩れるため乾燥しやすく、皮脂の過剰分泌をまねく要因にもなりかねません。

 

肌老化を防ぐためには、紫外線対策と同時に水分不足になっている肌に水分を補給することが大切です。

 

毎日の適切なケアで肌に水分補給しながら、水分の蒸散を防ぐための保湿をていねいに行いましょう。

 
 

ケアの方法は4つ!毛穴を目立たなくする方法

 

毛穴を目立たなくするためのケア方法はいくつかあり、複数のケア方法を組み合わせて実践することが毛穴トラブル改善の近道です。

 

ここからは、毛穴を目立たなくするための4つの方法について紹介します。

 

正しい洗顔方法を身に付ける

 

まずは、正しい洗顔で汚れや不要な皮脂、毛穴の詰まりを解消することが重要です。

 

洗顔料には、ペースト状の泡立てるタイプやジェル、クリーム、オイルなどさまざまな種類があります。

 

毛穴の詰まり解消にはオイルクレンジングが有効とされていますが、必要な皮脂まで落とす可能性があるので逆効果になることも少なくありません。

 

乾燥を防ぎながら洗顔をするのであれば、オイルタイプ以外のものがおすすめです。

 

ジェル・クリームタイプの洗顔であれば、適切な量を肌に馴染ませて摩擦しないように使用しましょう。

 

ペースト状の泡立てるタイプの洗顔は必ず泡立ててから肌に乗せるように心がけ、肌の上で泡立てようとしないことが大切です。

 

たっぷりの泡を肌にくるくると広げていくような形で洗顔を行い、直接手や指で肌を擦らないように注意してください。

 

こまめに水分補給を行う

 

上述したように、肌に必要な皮脂まで取り除くのは肌の乾燥を引き起こす原因になります。

 

肌のバリア機能が損なわれてしまい、さらに肌の水分が蒸発しやすくなってしまうためです。

 

また、皮脂の過剰分泌をまねく原因にもなるため、洗顔後は必ず保湿を行うようにしましょう。

 

特に、毛穴パックやピーリングなどの毛穴ケア方法は、皮脂や毛穴の汚れを取り除ける一方で、肌への負担が大きいため気を付けなければなりません。

 

毎日行いたい気持ちを抑え、2週間に1度程度に間隔をあけて行い、肌への負担を軽減するなど使用方法や頻度には注意してください。

 

毛穴ケアができる基礎化粧品を選ぶ

 

毛穴ケアができる基礎化粧品で、洗顔後のスキンケアを行うのも有効な手段です。

 

特に「収れん化粧水」と呼ばれる肌を引き締める作用が期待できるような製品は毛穴ケアに適しています。

 

収れん化粧水とは、一般的な化粧水とは異なり肌を引き締める「収れん効果」を目的とした製品です。

 

「アストリンゼントローション」「トーニングローション」などと呼ばれることもあり、皮脂分泌を抑制してくれるようなものもあります。

 

収れん化粧水はさっぱりとした使い心地のものが多くありますが、保湿用の化粧水とは別に準備することが大切です。

 

保湿用化粧水と乳液でしっかりと肌を整えてから、収れん化粧水で引き締めるなど、保湿と併用することを意識しましょう。

 

エステに通う

 

毛穴ケアを行う手段のひとつとして、エステに通うのも効果的です。

 

特に毛穴の詰まりがなかなか取れず、普段のケアで症状が改善しないと感じるのであれば一度試してみてはいかがでしょうか。

 

エステ専用のパックや吸引器具など、さまざまな手段を駆使して毛穴ケアを受けることができるため、自宅ではできないケアが可能になります。

 

また、肌の水分量を計測するなど肌状態についてプロのアドバイスを聞くことができ、自分に合ったケア方法を提案してもらえるのでおすすめです。

 
 

まとめ

 

毛穴が目立つ状態は、男女ともに悩まされることが多い肌トラブルのひとつです。

 

適切にケアを行わなければ、毛穴の詰まりが悪化して黒ずみ毛穴やニキビにまで症状が悪化する可能性があります。

 

毎日のケアで予防・改善を行いながら、自分ではできない毛穴クレンジングを定期的に受けるなど、複数のケア方法を組み合わせることがおすすめです。

 

RELATED POSTS 関連記事