男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスの記事ブログ

1週間で何キロ痩せる!?ダイエットの成功の方法と注意点

2020.07.22

ダイエット

できるだけ短期間でダイエットしたいと考えている人は少なくありませんが、短期間の無理なダイエットは体重の戻りを招き、かえって痩せにくくなることがあります。では、1週間で痩せたい場合、何キロぐらい痩せることができるのでしょうか。短期間ダイエットを成功させる方法や注意点とあわせて解説します。

この記事は約4分41秒で読み終わります。

 

1週間のダイエットで何キロ痩せる?

 

1週間という短期間でダイエットしたいという人が気になるのが、1週間で何キロぐらい痩せることができるのかということでしょう。

 

元々の体重にもよりますが、食事の量を極端に減らす無理なダイエットを行えば、1週間に2〜3キロ落とすことはそう難しくありません。

 

しかし、無理なダイエットは健康を損ねてしまったり、かえって体重増加を招いてしまったりするためおすすめできません。一般的には、1か月で体重の5%程度を落とすのが無理のないダイエットの目安だといわれています。

 

とはいえ、短期間で無理なくダイエットすることが不可能というわけではありません。何らかの事情で、「この日までに太った体をなんとかしたい」という人もいるのではないでしょうか。そんな時は、短期間ならではのダイエット方法を、注意点をふまえたうえで取り組みましょう。

 
 

1週間のダイエットで痩せるためには

 

1週間のダイエットで痩せるために活用できる手段には、食事を制限する断食や脂肪燃焼させるための有酸素運動、エステの利用などがあります。それぞれのやり方やメリットなどについて見ていきましょう。

 

断食

 

断食、文字通り食事を断つダイエット方法です。さまざまなやり方がありますが、一定期間食事(固形物)を摂らない、もしくは専用のスムージーのみにとどめて最低限必要な糖質のみを摂取するといったものがあります。摂取カロリーが圧倒的に少なくなり、不足したエネルギーを作り出すために体内の脂肪が分解されるため、痩せることができるといわれているのです。

 

1週間で痩せたい場合、1週間断食を続けるわけではありません。断食後は胃腸に負担をかけないために普通の食事に徐々に戻す回復期間が必要です。そのため、目安としてははじめの3日間を断食、残りの4日間を回復食の期間にするやり方で行います。断食後は、まずは胃腸にやさしいやわらかいものからはじめ、徐々に固形物に戻していきます。

 

しかし、日常生活で3日間断食するというのは難しいでしょう。そこで、1日だけ、あるいは毎食夜だけ断食するなどのプチ断食というやり方もあります。これでも十分、摂取カロリーを減らすことが可能です。

 

断食はダイエットと同時に胃腸を休められるので体調が整い、オートファジーという体の浄化システムや脳が活性化するというメリットがあります。ただし、栄養が必要な人やもともと少食な人には適さないなど誰にでも合う方法ではないこと、空腹感が我慢できず続けられないことがあるといった点がデメリットです。

 

有酸素運動

 

断食などの食事制限はしたくないという場合には、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を積極的に行いましょう。摂取カロリーよりも消費エネルギーが上回れば痩せることが可能です。有酸素運動は、体を動かすことで消費エネルギーが増えることに加え、脂肪を効率的に燃焼させることができるでしょう。

 

有酸素運動は激しく行う必要はありません。ダイエットに効果的な運動強度は、きつさはあるものの、息が上がってしまわない程度です。目安となるのが心拍数で、その人の最大心拍数の40〜60%程度の運動強度が脂肪燃焼に適しています 。最大心拍数は、これまでのスポーツ経験などによって変わってきますが、220−年齢が簡易的な基準値になります。

 

有酸素運動は、20分〜1時間程度継続するのが効果的です。ダイエット期間中は毎日行うことが理想ですので、運動の時間が取りにくい場合には、通勤時に一駅前から歩くといった方法を取り入れると良いでしょう。

 

ただし、運動だけをして1週間で痩せるのは簡単ではありません。断食のような制限までは行かなくとも、間食を控えるなどの食事の配慮も必要になります。

 

エステ

 

短期間であっても断食や有酸素運動の継続が難しい、うまく結果が出せないという場合には、エステサロンを利用するという方法があります。エステサロンでは各社さまざまなダイエットプランが用意されていますので、自分に合ったプランを選んで受けてみるのと良いでしょう。

 

また、エステでは普段の食生活や自宅でのケアについてアドバイスを受けることができます。自分ひとりでは気付けなかった点に対して指摘をしてくれるので、モチベーションを保つことができ、挫折を防ぐことにもつながります。

 
 

1週間のダイエットで気を付けなければいけないこと

 

本来、ダイエットは時間をかけて生活を改善して体重をコントロールしていくものです。1週間という短期間で取り組む場合には、早く結果が得られる反面、体にとってはリスクが多少なりとも生じます。特に自己流で間違った方法でやってしまうと、痩せられないばかりか健康を害することもありますので十分に注意しましょう。

 

リバウンド

 

短期間で落とした体重は、ダイエットを続けていないとどうしても戻りやすいという性質があります。これは体にホメオスタシスという機能が備わっているからです。

 

ホメオスタシスとは、体を取り巻く環境が変化しても、体内の状態を保つ働きをいいます。極端な食事制限を行いカロリー摂取量が大幅に減ったときには、体はその状態にあわせてエネルギー消費量を低下させているのです。そのため、食事制限終了直後にダイエット前と同じような食事量に戻すと、エネルギー過多の状態におちいるため、せっかく痩せた体重が元に戻ってしまいます。

 

また、極端な食事制限によってストレスが溜まっていると、ダイエット期間終了後にドカ食いしてかえって太ってしまうことも少なくありません。

 

体重の戻りを防止するには、正しいやり方で食事制限や運動を行うこと、そしてダイエット期間を終えたあとも食事のバランスに気を付け、適度な運動を続けていくことが必要です。

 

誤ったダイエット方法で何度も体重の戻りを繰り返すうちに、体はどんどん痩せにくくなりますので、起こさないように注意しましょう。

 

無理をしすぎない

 

1週間で必ず結果を出そうとすると、どうしても無理をしがちです。絶対に痩せたいからといって食事を極端に減らし過ぎると、必要な栄養素が不足することでめまいを起こしてしまったり、強いだるさを感じたりすることがあります。

 

ダイエットにともなって体調不良が起こった場合には、無理のしすぎなのでいったんダイエットを中止しましょう。体を壊してしまっては、たとえ痩せられたとしても意味がありません。また、無理をしたダイエットでは数値上は痩せることはできても、引き締まった見た目にはならないことも多いです。

 
 

まとめ

 

1週間という短期間であっても、断食や有酸素運動を行うことで痩せることは可能です。ただし、無理な方法では一時的に成功しても体重が戻ることがありますので、十分に注意しながら行いましょう。また、痩せたからといってそこでダイエットを完全に止めてしまうのではなく、引き続き毎日の食事や運動に気をつけ、痩せた体をキープしていきましょう。

 

RELATED POSTS 関連記事