男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスの記事ブログ

だるだるお肉を改善!中年太りの原因とダイエット方法をご紹介

2020.01.09

ダイエット

年齢を重ねるにつれて、気になり始める体についた脂肪。だるだるお肉は、太っているように見えるという以外にも、全体的に老けて見えてしまうという恐ろしい側面も持っています。
若かりし頃は引き締まった体が自慢だったのに…と悲観している人も多いのではないでしょうか。
今回は、中年太りの原因を撲滅してダイエットする方法についてご紹介します。

この記事は約4分8秒で読み終わります。

 

中年太りが止まらない原因は?

 

水を飲むだけで太っている気がする…と感じる人も多い中年太り。いったい何が原因なのでしょうか。

 

基礎代謝が低下

 

中年太りの原因のひとつとして挙げられるのが、基礎代謝の低下です。基礎代謝は、じっとしていても消費できるエネルギーのことで、これが低下することによって、だんだんと脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。

 

若いころは筋肉量もそこそこあるため、基礎代謝も高く、少し動いただけでも大きくエネルギーを消費できていたはず。しかし、筋肉量が下がると基礎代謝も下がるため、中年になるとどんどん太ってきてしまう…という事態に陥るのです。

 

運動不足と食べ過ぎ

 

運動不足も中年太りの深刻な原因です。若いころは、節約のために一駅分歩くなどなるべくタクシーや電車に頼らずに生活していても、中年になるとすぐに疲れてしまい頼ってしまうといったことも多いのではないでしょうか?

 

また、若いころは定期的にスポーツをしていて、適度な運動量を確保できていたにもかかわらず、年齢を重ねるとなかなかそんな時間を確保することも難しくなるということも考えられます。

 

このように、さまざまな要因が重なって、たんに若いころより運動量が足りていないというのは、中年太りの大きな原因になりうるのです。

 

さらに、運動量がないにも関わらず、取引先の接待や同僚との会社帰りの飲み会など、暴飲暴食する機会が増えているということも考えられます。

 

運動量が少ないのに食べる量や飲む量は増えている、さらに基礎代謝が低下しているのでなかなか脂肪が燃焼しない…これが負のスパイラルとなって中年太りが加速する原因となるといえるでしょう。

 
 

中年太り!食事でダイエット

 

中年太りになってしまう原因がわかり、耳が痛いという人もいるのではないでしょうか。中年太りを解消するために、まずは食事内容を見直してダイエットしてみましょう。

 

バランスのいい食事を正しく摂取

 

ダイエットの第一歩はバランスのいい食事から。まずは日頃の食生活をバランスのいいものに変えていきましょう。

 

・朝ごはん

 

朝ごはんは、起きて1時間以内に食べるのが理想的です。朝ご飯を食べることで、体が起きて脂肪も燃焼しやすくなるといわれています。

 

代謝をよくするためには、血糖値を上げる糖質や代謝を助ける働きをするたんぱく質を積極的に取り入れたいところ。ごはんや卵、納豆などを使った朝ごはんがおすすめです。

 

いち早く代謝を上げて脂肪を燃焼させるためにも、起きて1時間以内に糖質とたんぱく質を取り入れた朝ごはんを食べるようにしましょう。

 

・昼ごはん

 

ランチの時間帯は代謝が良く、太りにくい時間帯と言われています。昼ごはんについては、カロリーを気にしなくてもOKです。まだまだ夜までしっかり活動するため、ダイエット中でもお昼ごはんは好きなものをしっかりと取ります。

 

ただし、麺類や丼ものなど、糖質を多く含むものだけを食べるのは避けたいですね。定食など野菜がしっかり摂れ、栄養バランスが良いものを選びましょう。

 

丼ものにはお味噌汁や漬物をつける、麺類なら野菜がたくさん入っているものを選ぶなど、なるべく多くの品目を摂れるように意識を変えるのも、ダイエットに大切な心構えです。

 

・夜ごはん

 

夜ごはんを制するものがダイエットに成功するといわれるほど夜ごはんは重要。できれば20時、どんなに遅くても21時までには食べ終わるのが理想的です。夜は脂肪をため込みやすい時間帯になるので、なるべく夜が深くなるまでに食事を終えておくことが大切です。

 

また、夜ごはんには糖質ができるだけ少なく、食物繊維が豊富なものを選ぶと良いでしょう。お肉は消化しにくいので、お魚や大豆製品などを中心に、低カロリーで栄養価の高いものがおすすめです。

 

やめるべきなのは?

 

ダイエットの大敵といえるのが、甘いものとお酒です。本当は完全に断ってしまうのがいちばんですが、食後のスイーツや仕事の後のビールが楽しみで生きている、という男性がいるのも事実。なかなかやめるのも難しいですよね。

 

やめるのが難しいのなら、まずは回数を減らしてみてはいかがでしょうか。毎日のお酒を1日おき、さらに週に2回だけ…など徐々に減らすことができれば、多少ダイエット効果も期待できるかもしれません。

 

さらに、お酒なら日本酒やビールなどは糖質が高く太りやすいので、焼酎などの太りにくいものを選ぶこともダイエットへの第一歩

 

もちろん、一緒に食べるおつまみも塩分や糖質、カロリー控えめのものに変える必要があります。枝豆や豆腐、キムチなど食物繊維やたんぱく質が摂れるおつまみに積極的に変更しましょう。

 

甘いものがやめられないという人は、食べる量を1個ではなく半分にするなど工夫するところから始めましょう。また、甘いものを単体で食べるのではなく、食後に飲み物と一緒に食べると少量でも満足感を得ることができます

 

さらに、ケーキやアイスクリームではなく、さつまいもやドライフルーツ、ヨーグルトなど自然な甘さのものや食物繊維が豊富なものを選ぶなどの工夫も必要。

 

完全にやめるのが理想ですが、やめられない場合は、なるべくカロリーや糖質を抑えながら回数を減らしてお酒や甘いものを楽しむのもひとつの方法です。

 
 

中年太り!運動でダイエット

 

食事でダイエットの次は、運動でダイエットにも挑戦してみましょう。できることからコツコツとするのが、中年太り解消の近道です。

 

筋トレ

 

基礎代謝を上げるためには筋トレが有効だといわれています。筋肉をつけることで、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効果が高まると言われるため、手始めに筋トレに挑戦してみるのをおすすめします。

 

筋トレ前には軽くストレッチをしておくと、体を痛める危険性も低くなります。いきなり体を動かすのは危険なので、ストレッチで体を十分に温めてから筋トレに取り掛かりましょう

 

筋トレは継続が大切なので、最初のうちは無理のないメニューに取り組むのがおすすめ。体を慣らして習慣化することを目的として、少しずつコツコツと筋トレに励んでください。

 

有酸素運動

ウォーキングやランニング、水泳などの有酸素運動もダイエットには最適です。時間が取れない場合でも、通勤の時に一駅分だけ歩く、昼休みに会社の周りを散歩するなど手軽に始められる範囲で取り組むのがおすすめです。

 

脂肪は運動開始後20分~30分で燃焼し始めるといわれているので、少なくとも20分~30分は継続して運動を行うのがベスト。一日中脂肪が燃え続けるので、なるべく朝に有酸素運動を行うのが良いといわれています。

 

しかし、中には自分一人ではなかなか続かないという人もいると思います。その場合は、メンズエステのダンディハウスを検討してみてはいかがでしょうか。超音波を使った痩身エステで、つらい思いをすることなくダイエット効果を体感することができます。

 

また、カウンセリングもしっかりと行うので、心配事や疑問点などもきちんと事前に解決できて安心です。自分の力ではどうにもならない…という方はぜひダンディハウスにご相談ください。

 
 

まとめ

 

今回は中年太りのダイエット方法についてご紹介しました。食事に関するダイエットは、とにかくすぐに体重や脂肪を落としたいときに、手っ取り早く始められます。食事ダイエットと並行して、太りにくい体を作るために運動するダイエットを行うのがおすすめです。

 

そのどちらにもくじけそうになったら、男性エステの人気店「ダンディハウス」へお越しください。きっと満足のいく結果が得られるはず。中年太りにお困りの際は、ぜひ一度ご連絡くださいね。

 

RELATED POSTS 関連記事