男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスの記事ブログ

禁酒はダイエットにおすすめ!禁酒で得られる効果と成功のポイント

2021.08.20

ダイエット

禁酒はダイエットに最適と聞くけれど、「どんな効果があるのか」「そもそも禁酒なんてできるのか」と感じる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、禁酒がダイエットに向いている理由や禁酒を成功させるためのポイントについて、詳しく解説します。

この記事は約4分3秒で読み終わります。

 

禁酒がダイエットにおすすめな理由

 

ここでは、禁酒がダイエットにおすすめな2つの理由を解説しています。

 

摂取カロリーを抑えられる

 

お酒の中にはカロリーが高いものも含まれているため、禁酒するとカロリー摂取を抑えられます。以下の表は、よくたしなまれているお酒のカロリーの一覧です。いずれも100mlあたりの数値になります。

 
ビール 39kcal
缶チューハイ 51kcal
赤ワイン 68kcal
白ワイン75kcal
日本酒 102kcal
焼酎 206kcal
 

ちなみに、オレンジジュースのカロリーは45kcalです。実はお酒はジュースより高カロリーであり、お菓子を食べること以上に高カロリーになることもあります。

 

お酒をやめるだけでも、一日あたりのカロリー摂取を抑えることができます。

 

食べ過ぎを防げる

 

禁酒には、食べ過ぎを防げるというメリットもあります。

 

通常、食事で空腹が満たされれば「お腹がいっぱい」と脳がサインを出します。しかし、アルコールを摂取すると満腹中枢が麻痺し、食べ過ぎたり味覚が鈍くなってしまったりすることがあります。そのため、お酒を飲むと濃い味が欲しくなり、さらに高カロリーの食事をとってしまうというスパイラルに陥るのです。

 

つまり、お酒を飲まなければ満腹中枢が麻痺することも味覚が鈍くなることもありません。禁酒することで食べ過ぎや高カロリー食をとることを防げるというわけです。

 
 

ダイエット以外にも!こんな人は禁酒がおすすめ!

 

ダイエット以外にも、禁酒にはたくさんのメリットがあります。特に、以下の3つに当てはまる人は禁酒がおすすめです。

 

目覚めが良くない人

 

目覚めが良くない人にも、禁酒はおすすめです。

 

「お酒を飲むとよく眠れる」と思っている人は多いことでしょう。しかし実際のところ、お酒を飲むと睡眠の質は低下します。

 

アルコールを摂取すると、寝ているときでもアルコール分解のために肝臓は活動を続けます。そのため睡眠中であっても体内ではエネルギーを使い続けているため、体が休まりにくくなるのです。

 

アルコールの量が増えれば増えるほど体を休める時間は少なくなるので、睡眠の質が低下します。眠りが浅くなると、体が疲れをとろうと日中も眠くなります。日中も寝てしまうと活動時間が短くなるので、運動量も減りダイエットからは遠ざかってしまうということもあるでしょう。

 

禁酒することで、体をしっかり休ませることができます。そのため禁酒をすると、睡眠の質の向上が期待できるのです。

 

肌の不調を感じる人

 

肌の不調を感じている人が禁酒をすることで、肌の調子が良くなることがあります。

 

お酒を飲むと、肝臓がアルコールを分解してくれます。しかし、肝臓が働きすぎると、肌のターンオーバーが乱れることがあるのです。

 

ターンオーバーとは、肌が約28日の周期で新しく生まれ変わるサイクルを指します。肌の一番奥にある基底層から新しい皮膚細胞が作られ、それが上に押し上げられると同時に古い皮膚は垢や角質として剥がれ落ちます。これを規則正しく繰り返すことで、健やかな肌を保つことにつながっているのです。

 

このターンオーバーが乱れてしまうと、皮膚のキメが乱れたり肌のバリア機能が低下したりして肌トラブルを招く可能性があります。

 

さらに肝臓の調子が悪くなると、血液中のタンパク質が減少するでしょう。これにより、むくみやすくなることがあります。

 

つまり禁酒をすると肌の調子も改善され、見た目にも大きな影響を与えてくれるのです。

 

出費を気にしている人

 

出費を気にしている人や節約したい人にも、禁酒は向いていると言えます。

 

飲み会などのお酒の席では1回5000円程度のお金がかかります。月に数回飲む機会があるなら、1ヶ月に1万円以上の出費です。

 

禁酒することで、この出費が全てゼロになります。浮いたお金を趣味に充てることや、貯金に回すことも可能です。

 

さらに禁酒すると、お酒を飲む時間も有効活用できます。運動をしてダイエットに励んだり、趣味に没頭したりなど、自分の時間を有意義に使えるのです。

 

このように、禁酒にはダイエット以外にも金銭面や時間の面でもメリットがあることが分かります。

 
 

ダイエットのためにも!禁酒を成功させる4つのポイント

 

禁酒を成功させるには、以下の4つのポイントがあります。

1.運動をする
2.お酒以外のストレス解消法を見つける
3.できることから始める
4.ノンアルコールビールには注意

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

1.運動をする

 

「飲みたい」と思ったら代わりに体を動かしてみるのもひとつの手です。

 

「絶対にお酒を飲まない」ことをゴールにすると、ひたすら我慢することになります。特に禁酒を始めて最初のうちは、どうしても飲みたくなることが多いことでしょう。

 

そのため、「飲みたい」と感じたら代わりにすることを決めるのです。「我慢する」から「代わりにこれをする」と意識を変えることで、禁酒のハードルが下がります。

 

そのひとつとして、飲みたいと思ったら「運動をする」ことはおすすめです。有酸素運動や筋トレなど、手軽にできる運動でいいのでお酒の代わりにやってみてはいかがでしょうか。ダイエットにもつながり、一石二鳥です。

 

「運動は面倒」という場合には、「カロリーゼロの炭酸ジュースを飲む」「本を読む」など自分に合ったものを行いましょう。

 

2.お酒以外のストレス解消法を見つける

 

「お酒はストレス解消になる」という人も多いかもしれません。もしストレス解消のためにお酒を飲んでいるなら、他に打ち込める趣味を探してみましょう。

 

もちろんお酒は、人によってはストレス解消にはうってつけです。しかし飲み過ぎてしまうと、食べ過ぎて太ってしまったり肌トラブルにつながったりと大きなデメリットがあります。

 

これまでお酒でストレス発散をしていたところを、別の趣味に没頭することができれば自分の人生にとっても有意義なものになります。

 

3.できることから始める

 

「禁酒しよう」と心に決めても、完全にお酒を断つことは難しいでしょう。まずは禁酒のハードルを上げすぎずに、「とりあえず一度やめてみて、うまくいかなければやり方を変えよう」と柔軟な気持ちで取り組むことが大切です。

 

たとえば、ビールを炭酸水に変えてみたけど、物足りずお酒を飲んでしまうこともあるでしょう。この場合、炭酸水以外にコーヒーやお茶、レモン水など飲み物を変えてみるだけでも、禁酒の再チャレンジになります。

 

一度の失敗で諦めないよう、「やり方を変える」「新しいことをする」などして軌道修正を重ねていきましょう。

 

4.ノンアルコールビールには要注意

 

 
禁酒をする際に、「ノンアルコールビールなら飲んでも大丈夫だろう」と思う人も多いでしょう。しかし、ノンアルコールビールには、人工甘味料などの添加物が含まれています。

 

人工甘味料は摂取しても血糖値が上昇しないことから、食欲を増進させてしまう効果があるといわれています。

 

そのため、ダイエット目的で禁酒をする人は特に、ノンアルコールビールの摂取は控えた方が良いでしょう。もし飲むのであれば、「無添加」や「人工甘味料無添加」と記載している飲み物を選ぶのがおすすめです。

 
 

まとめ

 

ここまで、禁酒で得られる効果と成功のポイントを紹介してきました。禁酒は摂取カロリーを抑え、食べ過ぎを防げることでダイエットにもつながるほか、睡眠の質の向上や肌トラブルの改善も期待できます。

 

自分に合ったやり方で禁酒して、健康的な体を手に入れましょう。

 

RELATED POSTS 関連記事